趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

展示の様子

 JAMや自治会のお祭りが無事に終わり、ようやく一息つく事ができました。とりあえず、私がお手伝いした「ふれあい鉄道」さんの展示内容などを紹介します。

 「ふれあい鉄道」さんの今年の展示の目玉は、「新しい中折れ式踏切」と「パソコンと連動した信号システム」でした。後者の信号システムは駅の待避線のポイントと信号機がPCからの制御で連動して動くという今までにない画期的なシステムだったのですが、私がお手伝いした時は少々不調ぎみで、その後うまく動作したんでしょうか。

 一方、踏切の方は好調で人気も高かったです。列車通過後に反対方向の列車通過があると警報音の速度が2倍になるという京急式の制御も搭載していたのですが、何も言わなくても気付いている方もおられました。みなさんマニアックですね。


 その他のモジュール類は全て展示を盛り上げる脇役(本当は信号機類を設置する予定だったのですが、間に合わなかったというのは内緒です。(笑))だったのですが、結構見応えがあって、想像以上に好評だったと思います。まずは何と3日ほどで作り上げたとは到底思えない、力作?のコーナーモジュール。


 となりのローカル線を走る車両は素性の判らないもらいものだったそうですが、かなり人気がありました。何かレアものだったのでしょうか。


 その続きは水田の水鏡を再現したモジュール。


 実は本物の鏡を使っているという、目から鱗的な工夫でした。


 上の2つのモジュールが繋がったシーンは結構私のお気に入りでした。


 反対側のコーナーの私のモジュールの続きモジュールで、素敵なフラワーパーク。


 Fallerの建物とガラス張りの温室がとてお洒落で開放的な雰囲気を醸し出していました。


 ちょっと見えにくい場所にあったので気付かなかった人もおられたのが残念だった、昨年メインの踏切モジュール。


 初代の踏切も元気に動作しておりました。


 最後に私の桜モジュールもそれなりに頑張ってたかな。



 以上、私達の展示の様子でした。
 
 
 

ろく in JAM2011 on 8月 25 2011 » 2 comments
2 comments so far. »
| Leave a Reply
  1. マーズ says on 8月 29 2011 at 12:10 AM:

    いつもは意見しております。
    モジュール素晴らしいです。
    さて、今回の記事にあったローカル線の車両ですが、機関車はマイクロエースの入門用のフリー機関車。客車は津川洋行の銚子電鉄の客車の旧塗装ですね。
    機関車は多分、画像から判断する限り富山地鉄の機関車を短縮化したタイプ化と。以前はかなりの種類が出ていましたが、今は市中在庫はないと思われます。
    銚子の客車は昨年だったか一昨年に出たのでまだ手に入ります。プラですが結構、高価です。

  2. ろく says on 8月 30 2011 at 9:17 AM:

    >マーズさん
    こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。そして、情報を寄せていただきありがとうございます。
     あの機関車はマイクロのものだったのですね。小さい割にそこそこ作り込んであり、しかも動力付きだったので、何処だろうかとメンバーで話をしていたのですが、謎が解けました。
     しかも客車は別メーカー品で、上手に組み合わされていたのですね。判らない事がこうして判るようになるのはネットならで楽しいですね♪

Your Reply:



(won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments