趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Monthly Archive for 4月 2013

線路まわりのウェザリング

 GWに入りましたが模型以外にも色々とやりたい事があるので、相変わらずスローペースで加工を進めています。とりあえず、バラストの散布が終了し、シーナリーボンドも十分乾燥しましたので、線路周りのウェザリングを行いました。これで実家からモジュールを引き上げてくる事が出来ます。

 使用した色はレッドブラウンとフラットアースの2色で、5倍程度に薄めたものを、レール付近はやや濃く周辺に行くほど薄くなるようにエアブラシで吹きつけました。(言葉にすると大層ですが実際はかなりアバウトです。)トンネル方向の眺めはこんな感じ。
線路周りのウェザリング1

 上から見るとこんな感じで、ウェザリング無しの時と比べると格段に落ち着いた感じなって「らしく」なりました。ちなみに山間部のカーブ部分という事でウェザリングはいつもより濃い目にしました。木々の緑と線路まわりの茶色がマッチしてくれる事を祈ります。


 こちらはおまけで振り子機能付きのKATO 381系「しなの」を置いて撮影してみました。カーブを豪快にという雰囲気は出ているでしょうか?緑化を進めればそこそこ見られるようになりそうかな~。
381系しなの

ろく in 山モジュール on 4月 30 2013 » 2 comments

バラスト散布

 レールの塗装が済んだので、続いてバラストの散布を行います。ただし、この後線路周りのウェザリング塗装も行わなければならないので、輸送の危険等を考えて(実際輸送時に山の一部をぶつけて一部破損しました(><) )モジュールは実家に置いたままで週末だけの通い作業となりました。つまりなかなか進まなかったといういう訳ですf(^^;

 さて、バラストはこれまで通り、KATOの明灰色(細目)を使用しました。ただし、これを一気に散布すると集中力が持続しませんので、複線の場合は、①線路間→②肩部分→③レール間の3回に分けて散布と接着を繰り返します。固着には一晩+αぐらいかけて完全に乾燥させる必要があるので、この工程だけで3日かかる計算です。ちなみに、完全乾燥する前に触れると簡単に崩れてしまってこれで大丈夫?とか不安になりますが、完全乾燥するとしっかりと固着します。

 写真は3回の作業が完了したところです。カーブ区間なのでレールのカントに合わせて円の外側のバラストが高くなるように盛り付け具合を筆等で調整して傾斜をつけています。横から光を当ててますので、傾斜の様子が判っていただけますでしょうか?それと、今回はトンネルポータルを接着した状態でトンネル内部にもバラストを撒きましたが、やはりかなり苦労しました。
バラスト散布

 線路部分のアップです。レール間にもバラストを散布する事でよりリアルに見えるようにしています。実際、JAMである方から「道床付き線路を使っているように見えないぐらいリアルですね。」とお褒めの言葉を戴いたこともあり、手間を惜しまず頑張ってよかったと思えた瞬間でした。
レール間のバラスト

 

ろく in 山モジュール on 4月 22 2013 » 4 comments

レールの塗装

 年度末の忙しさや何やかんやでちょっと油断すると進行が止まってしまいます。でも一番の理由はエアブラシ塗装は実家でないとできないで、モジュールを運搬するのに時間がかかってしまった事だったりします。自宅に塗装ブースが欲しい・・・orz

 という訳で後から気がついたレール側面の塗装です。山やトンネルポータルが邪魔になるので、単純な直線線路であれば一旦ボードから外して塗装してしまうのですが、今回はカーブ部分でカント用のスペーサーを接着しているので取り外しができません。仕方が無いのでそのままで山やトンネルポータルを新聞紙などでマスキングしてエアブラシで塗装しました。

 塗装後の状態です。やはり山が邪魔なのと、トンネル外側からしか吹きつけできないので、レール固定の爪の影に中々塗料が乗らず苦労しましたが、とりあえず見える範囲はそれらしく塗装できました。


 側面はこんな感じです。レール踏面はモジュール完成後に塗装を落とします。一応塗料はMrカラーのレッドブラウンを使用しました。レール塗装にはフラットアースとレッドブラウンが良く使われますが、前者は彩度が低くやや泥っぽい感じ、後者は茶色が濃くで錆びた感が強い感じに仕上がります。


ろく in 山モジュール on 4月 09 2013 » 0 comments