趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

貨物ホームの製作1

前回の更新から約1ヶ月たってしまいました。仕事に家庭、その他もろもろの予定が非常にタイトな今日このごろです。

 さてさて、上り/下りホームが完成し、ホームの残りは貨物ホームのみとなりました。この貨物ホーム、スペース的には無しでも良かったのですが、国鉄駅舎探訪をやっていると必ずといって良いほど見かけたので、国鉄標準駅の再現を標榜する以上はずせないという事で、ちょこっとだけ顔を出すように再現します。まずホームの壁面ですが、旅客用と差をつけるため、トミックスのローカルホームの壁面を切り出して使用しました。


 貨物ホーム高は荷物の積み下ろしがしやすいように、旅客用より高い場合が多いようです。なので、トミックスのホーム高はそのままで、端の一部を切り欠いて旅客ホームからのスロープをつけます。それと、石積みの出っ張り具合がくどいので、全体をヤスリがけして平たい感じに修正しました。


 続いてコンクリート製のホーム端をプラ板で表現します。


 更にホーム上面とボード端の断面にもプラ板を順番に貼り付けて、貨物ホームの完成!




 の予定だったのですが、モジュールに仮置きしてみてビックリ!なんとホーム高が高すぎました。 またまた失敗ですorz スロープの印象重視で作って、しっかりと現物確認していなかったのが要因です。ただし、ホーム高を低くするとスロープがほとんど判らないのと、作り直すのが大変なので(本当はこちらの理由が大きいのですが(笑))、線路をかさ上げすることにしました。


 どの程度かさ上げするかをKATOのワラ1を使って検証です。約1mm(実寸で約15cm)でワラの内部の床面ぐらいになりそうです。実寸で15cm程度の段差なら実際にありえそうなので、この高さでOKとします。





  

Your Reply:



(won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments