趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

構内通路の追加

 駅舎の接着の後はバラスト散布と行きたいところなのですが、その前に上下ホームをつなぐ構内通路を設置しておく必要があります。実はこの加工方法を検討している所で放置プレイになっていたという経緯があります。


 以前2つのモジュールで踏切を製作した際は、GMと建物コレクションのプラスチック製踏板を使用しましたが、今回はモジュールの中で非常に目立つ場所なので、よりリアル感を求めてバルサ材で製作する事にしました。
 バルサでの加工は初めてなので最後まで上手くいくか判りませんでしたが、とりあえず、2mm厚のバルサと1mm厚のバルサを重ねて通路を作成することにしました。写真はバルサを帯状に切り出したところ。


 次に路肩部分、線路間、路肩部分に切り分けて張り合わせます。ここで、実物と同じく1mmのバルサを角材一つ一つに切り分けるか迷ったのですが、1つがかなり小さくなり、通路の形にまとめるのが困難なので、ブロックごとの板としました。
構内通路2

 茶色と黒を適度にまぜて作ったアクリル塗料を溶剤で少し薄めてから筆塗りしました。やはり実際の木なので非常にリアルな感じになりました。
構内通路3

 ただし、やはりブロックごとに1枚の板である事がハッキリと判ってしまうので、カッターで表面にだけ細かい切り目を入れ、さらにカッターの裏側を押し付けたりしてして筋を作成しました。また、レール間の踏板も同じ方法で作成しました。ただし、レール間は高さの都合で0.5mmのプラ板に1mmのバルサ材を張り付けています。
構内通路4

 最後に縁に黄色の警戒線を書き加えて完成です。初めてにしては思ったより良くできました。
構内通路5

 早速モジュールに貼り付けます。プラ材に比べると非常にリアルでよい感じです。後はバラスト接着時の水分を吸っておかしくならないかが心配ですね。
構内通路6


 
 
 

Your Reply:



(won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments