趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Posts filed under '山モジュール'

プラスター前処理

 ここで作業が止まるとまた数ヶ月放置状態となる危機感があるので、少しずつですが作業を進めます。


 トンネルポータルの設置も終わり、いよいよ山のプラスター処理に入ります。山を作り始めて何年になりますかね(^^;・・・、ようやくここまで来たという感じです。まずはプラスターを塗る前に積み上げた発砲スチロールの隙間をマスキングテープで埋めます。発砲スチロールを綺麗にブロック状に切り出す技能がないので、ブロック間には結構な隙間が開いていています。

 あっ、それと山の全景は初公開かもしれないので説明しておくと、私は山の輪郭のイメージをしっかりと確認しながら製作したかったので、発砲スチロールで完全な山肌を製作して、そこに薄くプラスターを塗るという工法を取っています。


 山の分割部分はマスキングテープで堤防を作って綺麗にエッジが出るようにしておきます。これで下準備は完了です。まとまった時間が取れるときにいよいよプラスターの塗布にかかります!


ろく in 山モジュール on 2月 13 2013 » 0 comments

トンネル内壁の処理

 亀のような歩みですが、少しずつ作業を行っています。今日はトンネル内がスカスカに見えることへの処理です。

カーブ区間なのでどうするか迷ったのですが、とりあえず正攻法でチャレンジしてみました。まずは厚さ1cmの発砲スチロールにトンネル開口部の型紙を当ててくりぬいた物を何枚か用意します。


 次にボール紙の上に該当区間と同じ複線線路を置き、この線路に沿うように発砲スチロールを順番に貼り付けていきます。間隔はどのような形でも良いと思うのですが、今回は強度の事も考えてカーブ内側が隙間無く並ぶように最小間隔で貼り付けました。カーブ区間なので当然外側には隙間ができます。


 接着剤の乾燥後、結構発砲スチロールの安定が悪かったので、上側に補強のためのボール紙を追加で接着し、乾燥後に下側のボール紙を発砲スチロールの底面に沿う形に切り抜きました。これでも結構雰囲気は出ています。


 次にトンネル内壁に帯状に切り出した黒の厚紙を両方の下側から順番に貼り付けます。本当はこれだと内壁の上面はアーチ状の帯にしないと等間隔にはならないのですが、暗くて目立たない部分なので最後は発砲スチロールが隠れる事を優先して適当に貼り付けます。


 最後にトンネル入り口部分を黒色に塗装して完成です。


 早速設置して感じを見てみました。(判りやすいように山の上側を取り外しているので奥の方で途切れて見えていますが、実際には奥は暗いのでほとんど判りません。)前回の内壁処理の無い状態からするとかなり見栄えが向上しました。



 

ろく in 山モジュール on 1月 31 2013 » 4 comments

やはりシーナリーが欲しい

 随分と更新頻度が下がっていますので、一応生存報告おば。
 お正月休みが少し長い目にありましたので、久しぶりにのんびりと車両達を走らせてやりました。(ただし、お座敷レイアウトです。)まあ、それなりに楽しむことは出来たのですが、やはりシーナリーが無いと少し寂しいかなと(笑)

 という訳で、少しづつですが、分割レイアウトの工作を再開しました。とりあえず、昨秋に熱で溶かしてしまったトンネルポータルの作り直しから。ブロックシートを貼り直して、再度塗装しました。一応セオリーどおりに[ライトグレーで基礎塗装→薄いブラックでウォッシング→明るいグレーでドライブラシ]の順に加工し、一応石垣らしい雰囲気に仕上げることができました。


 最終的な仕上げは後からパステルで行うことにして、早速シーナリーに設置します。トンネルポータルの面で山を分割していますので、まずその断面に接着します。


 つぎに分断された山の続きを設置すればトンネルポータルの設置完了!見てもらえば判りますが、先にポータルを仕上げておかないと山肌の加工が進めなかったという訳でした。

 ただ、やはり内部の空洞がかなり気になります。トンネルライナーを作ればよいのですが、なにぶん曲線部分なので直線のように簡単にはいきません。少し製作方法を検討してみたいと思います。

ろく in 山モジュール on 1月 24 2013 » 0 comments

Newer Articles