趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Posts filed under '車両'

EF65PF(HO)のパンタ交換



 トンネルポータルの塗装に失敗したので、気分転換に車両いじりをすることにしました。今回はKATOのEF65PF(HO)のパンタグラフを交換します。当初からあまりパンタグラフのプロポーションが気に入っていなかったのですが、更にアームを固定する棒が取れてしまって綺麗にパンタが上がらないという不具合が発生したので、どうせASSYで取り替えるならという事でTOMIXの物に乗せかえる事にしました。

 これが不具合を起こした部分で、パンタのアームを止めている棒が左右でフレームにカシメられているのですが、右側のカシメが甘くすぐに外れてしまいます。ちょっと構造的に弱そうな気がするのですがどうなんでしょう?


 交換のために購入してきたパーツはTOMIXのPS22BN形パンタグラフ(HO-P16)というEF66用のパンタです。本当はEF65PFはPS22B形だと思うのですがB形とBN形の違いをネットで調べてみたのですが判らないのと、見た目もほとんど変わらないようなのでこれにしました。パーツそのままではプラと金属線で構成されていて違和感があるので、プライマーを塗ってからGMのねずみ色1号で塗装しました。写真は棒が外れて真っ直ぐ上がらなくなったKATOのものと塗装したTOMIXのものです。


 取り付けはパンタの足の寸法が全く同じなので、TOMIXのものをそのまま差し込めばOKです。ただし、元の固定用のネジは使えないので、取り付け足を接着して固定します。この時、足がそのままの長さでは屋根裏の遮光板に当たるので2mm程度カットする必要があります。

 下の写真が交換後のPFです。細密感も上がりましたし、PFのパンタはしっかり開いて立っている印象があったので、かなり見た目が改善されました。徐々に愛着がわいてきたので、今後も少しづつ手を入れていきたいと思います。

ろく in 車両 on 10月 04 2012 » 0 comments

EF15の屋根上塗装

 先日久しぶりにKATOのEF15(標準型)を出してきて走らせてみると何となく違和感が!? 手にとって見てみると最近の製品らしい見事なリアル感なのですが、走らせるとぜんぜんリアルに感じません。どうやら金属感丸出しのパンタと茶色一色の単調な屋根がその原因のようで、上から見る機会が多い模型ならではといった所です。

 ネットで調べてみるとナンバー選択した97号機は大宮工場で整備を受けるので屋根上は黒色に塗装されていたという事なので、この塗装も含めて屋根周りを塗装加工してみる事にしました。
 まずは屋根周りの部品を全て取り外して塗装に備えます。窓やライトユニットなどはマスキングで隠してしまうのでそのままです。


 次に車体のマスキング。黒色のパターンがどうなっているのかを調べてみたのですがズバリは判らず、本やネットの情報を頼りに、最後は多分この形だろうという想像でマスキングを行いました。


 塗装が完成したところです。屋根/モニター部/ガラベン/ライトケース/ホイッスルカバーはMrカラーのマットブラックで、パンタ/避雷器/発炎筒はGMのねずみ色1号で塗装しました。


 部品を元通りに組んで、更にパンタに色差しをして小加工完成です。未加工のものと並べてみました。全体に引き締まった感じになり、パンタの印象が格段に良くなりました。


 アップです。屋根色についは茶色のままの方が屋根が低くく感じるので不思議です。黒塗装よりウエザリングを施してやる方がよりEF15らしくなって良いのかもしれません。でもまあ今回の加工でも十分満足なので良しとします。


ろく in 車両 on 6月 25 2012 » 0 comments

EF65 PF インレタ

 糊が劣化して上手くつかなかったKATOのEF65 PF(HOゲージ)ですが、先日日本橋でインレタを購入する事ができましたので、ようやく車番を入れる事ができました。

 購入したのは”くろま屋”の「電気機関車用車番 4001」でHPにはマット銀とメタリック銀があるみたいなのですが、お店にはこれ1種類しか置いてなかったのと、追番が記されていなかったのでどちらなのかはよく判りません。


 早速貼ってみましたが、KATOの標準品と違って全く問題なく貼り付ける事ができました。ただし、インレタはEF65 11までがセットで下二桁は1文字づつ貼り付ける必要があるので、綺麗に貼るのが大変でした。選択した車番は本などで検討もしたのですが、それ程こだわりもないので、結局KATOのインレタにあった1106にしました。


 先頭部は手すりが邪魔になるので一回取り外してから作業。自分的には全体が左に寄りすぎてしまってちょっと不満なのですが、やり直す手間を考えるとゾッとするので、これでOKとしてしまいます・・・・オイッ。やはり車番が入ると活き活きした感じになります。今度はホースやパンタの塗装かな~。

 
 

ろく in 車両 on 4月 02 2012 » 0 comments

GM京阪2400系購入

 ネット通販のセールでGMの京阪2400系(1次未更新車)を購入しました。GMの完成品は出来の割りに高いので二の足を踏んでいたのですが、結構お安くなっていたので、思わず購入ボタンを押してしまった次第です(笑)。
 で、ケースから取り出してみると、やはりGM・・・orz  でも車両そのもののプロポーションやモールドなどが問題という訳ではなく、あくまで値段の割りに全体としての完成度は?という事です。気をとりなおして気になる部分に手を入れていきます。

 まず、気になるのは無塗装のクーラー。2400系は無骨なクーラーカバーが屋根上に満載されているのが特徴なので、プラ感丸出しはかなり目立ちます。実物はかなり薄いグレーなのですが、手持ちのマイクロの京阪2200系にあわせてGMカラーのねずみ色1号で塗装する事にします。


 クーラーは全て屋根にはめ込まれているだけなので、まず屋根を外してから裏からドライバーなどで押して取り外します。ただ、個数が多いので結構大変です。併せて、屋上スピーカ、スカート、アンテナ、パンタグラフも同色で塗装するので外します。


 スプレーで塗装中のようす。


 乾燥後、早速取り付けてましたが、格段に引き締まりました。2200系と並べると、少し色味は異なりますが、特に違和感はありません。


 次に、KATOのオハネフ25用(入手可能なのがこれしかなかったので・・・)のホロの取り付け爪と支持プレートを切り取って、貫通路にゴム系接着剤でとりつけました。本当はカプラーもKATOカプラーにしたかったのですが、車両間隔が狭くなりすぎてホロをつけた状態ではカーブが苦しくなったので、ホロを優先しました。


 最後にシール類を貼り付けて。


 完成!と思いきや、先頭のダミーカプラーが長すぎて格好悪いのに気づいて、急遽短縮加工しました。ダミーなのに、何ゆえ長さが長いのか不思議です??奥が加工後で手前が加工前です。


 これでようやく他社と同程度の完成度になりました。あーしんどかった(笑)

ろく in 車両 on 3月 30 2012 » 0 comments

小湊鉄道 キハ200

 年明け早々に小湊鉄道を訪問してきましたが、そうなるとやはりキハ200系の模型が欲しくなるのが人情というものです(笑)。Nゲージではクロスポイントのキットと鉄コレ13弾で製品化されていますが、どちらも普通には入手困難になっています。

 という訳で、ネットオークションで鉄コレの方の入手を試みました。発売当初はもっと玉数があって安かったと思うのですが、今では数も限られ、値段も結構上がっています。ただ、入手性はどんんどん悪くなると思うので、思い切って2両調達いたしました。




 小湊鉄道のキハ200系は全部で14両あるのですが、このうち鉄コレに該当するユニットサッシのものは211~214の4両のみです。なぜ大多数の非ユニットサッシのものをモデル化しなかったかは謎です・・・(^^;


 模型でも社章のアップ。偶然乗ったのと同じ車番です。でも厳密に言うと213って幌ありの側にはジャンパー栓受けがないんですが・・・このあたりのモデル設定、良く判りません(^^;

 ともあれ、全体の雰囲気は非常に良いです。次はこれらが似合う単線モジュールが欲しいなーという気持ちになってきました。って、放置プレイのモジュールがあるのに、次のモジュールってまずいですよね。
 

ろく in 車両 on 2月 03 2012 » 2 comments

EF65 1000番台購入

 EF65 1000番台を購入しました。といってもNゲージではなくHOゲージです。最近友人がHOにはまりだしていて、新規購入品を見せられるたびに、そのスケール感に魅せられていたのですが、ついに買ってしまいました。



 買ったのはKATOのEF65 1000番台 後期形 です。初めて手にするHO釜の大きさと後付け部品の多さに四苦八苦だったのですが、実働約2時間程度で取りあえず全てのパーツの取付を完了しました。ただ、ナンバーインレタだけは糊が駄目になっていて、ドライヤーで熱したりしたのですが、全く付きませんでした(T T 何処かで他社のインレタを捜さないと・・・



 最初なのでタッチアップなどはせずに素組ですが、パンタやスカート、ホース類は塗装が必要かなと感じています。しかし、Nゲージの2倍の寸法、体積4倍は伊達じゃないですね~。しばらくは観賞用として飾っておこうと思います。

ろく in 車両 on 11月 25 2011 » 5 comments

22600系の軽加工

衝動買いした近鉄22600系の不満な部分に簡単な加工を施しました。


まずは、屋根上ですが、未塗装のヒューズBOXとエアコン部をそれぞれ、GMのねずみ色1号と灰色9号で塗装しました。本当は小さいエアコンの進行方向側面面もグレーなのですが、あまり目立たないので銀色のままです。


次に連結部ですが、アーノルトカプラーをKATOカプラーに変更して、種類はよく解らないのですが、ストックにあったKATOの幌を追加しました。ただ、元々の連結面が狭いめなので、KATOカプラーだと半径の小さいカーブでは転落防止柵どうしが接触してしまうので注意が必要です。


前面部は、スカートをねずみ色1号で塗装、ダミーカプラーをTNカプラーに交換しました。TNカプラーには復元バネではない0331を使用しましたが、若干ライトケースを削る事で何とか取付できました。ああ、電連BOXをグレーに塗るのを忘れている orz


また、ピカピカの車輪側面は、メタルプライマー→Mrカラーのニュートラルグレーの順で筆塗りしました。


最後に方向幕にシールを貼って完成です。方向幕は見慣れた「京都」行きにしました。ただ、号車番号が京都行きはABC・・・だったので、他の行き先から号車番号だけ切り出して上貼りするのが面倒でした。
見られる状態にするだけで骨がおれましたが、伊勢志摩ライナーと並べて満足感に浸っております。

ろく in 車両 on 11月 02 2011 » 2 comments

いまさら近鉄22600系を購入

 行きつけの模型屋さんで、久しぶりに衝動買いをしてしまいました。購入したのはGMの近鉄22600系の動力付き4両セット。次回の再生産の時にでも買おうと発売時はスルーしていたのですが、まだ在庫があるのをみて、ついに買ってしまいした。

 しかし、GM完成品は他社に比べるとまだまだ完成度が低いです・・・orz 軽く見渡しただけで、クーラーやヒューズ箱、スカートなどのプラ成形色、幌がない、ピカピカ目立つ車輪などなど。さらにネットを調べたら台車間隔やクーラー位置まで手をいれてる例も・・(激汗)。さすがは各自工夫の事の会社です。

 まあ、全体の雰囲気は良く出来ていると思うのでそこまではやりませんが、少しは手を入れなければと思っています。

ろく in 車両 on 10月 18 2011 » 0 comments

車両の整備(近鉄8000系)

 JAM用モジュールの準備も一段落したので、久しぶりに車両を走らせていたのですが、結構買ったままでおいてあって、いざ走らせようと思うとナンバープレートやホース類を付けてなかったり、カプラーがアーノルトのままだったりする事が多かったので、その中で今回はマイクロの近鉄8000系を整備しました。8000系で整備のポイントは先頭車のTNカプラー化(JC25)、中間のKATOカプラー化、テールライト色差し、方向幕ステッカー張りなどです。

 ところが、TNカプラー化の為に先頭車の床板をはずしてビックリ、テールライトの導光板がバリだらけで所定の位置にはまっていません。そのため、先頭の床板が下に浮いていたり、テールライトが飛び出したりしています。


 まずは、導光板のバリを取って、所定の位置にはまるようにしました。


 TNカプラー化ですが、注意点は台車が当たるのを防ぐために、カプラーのホルダーの両サイドを切り取っておく事で、写真の手前が切り取り後で奥が切り取りまえです。


 スカートは無加工で床板およびTNの胴受けに接着すればOKでした。


 テールライトにクリアレッドを色差しして(透明では違和感ありすぎ・・・)、ステッカー類を貼れば完了です。加工前後の様子です。今回は幌の塗装などは見送りました。これで連結もできますし、かなり顔が引き締まりました。


 ちなみに導光板がきっちりと所定の位置に入っていないとこんな感じで飛び出したりしています。

 

ろく in 車両 on 8月 16 2011 » 0 comments

ぼちぼち・・・

 ぼちぼち次の作業にかかって行こうと思っています。結局候補の中から近鉄12200系の製作にしました。というのも、この12200系は塗装の途中まで作業を進めていたので何とか完成させたいと思っていたからです。
 なぜ途中でほったらかしになったかというと、ライトパーツや集電をどうするかで悩んでいるうちにGMから完成品の案内が出てしまったので(^^; ただ、完成品も特急マークや行先板が点灯しないのでちょっと期待はずれ。
 懸案事項は前回の伊賀鉄道860系で目処がたっているので今なら何とかなるとなると思います。
 とりあえず、現状です。
近鉄12200系現状

ろく in 車両,近鉄12200系 on 9月 09 2010 » 2 comments