趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Posts filed under 'モジュール全体'

課題が続々と

 仮線路での開通を目指しているとこの前書きましたが、このレベルで課題が続々と出てきています。次の課題は橋梁モジュールの対岸が全くの手つかずになっている問題です。
鉄橋対岸
 橋梁モジュールは他のモジュールより約4cm低くなっているので、トンネルを出て鉄橋を渡った線路を次のモジュールに接続する為には、約4cm高の対岸を製作しなければなりません・・・


接続レールを使ってみました。

 何とか完成させた12本の接続レールを早速使ってみました。写真は片方のみを接続レールに換えてみてのバリアブルレールとの比較です。
接続レールの比較
バリアブルレールがレール間の板とサイドの金属部分が目立つのに対して、今回作成した接続レールはかなりシンプルで目立ち難くなったのが解ると思います。
とりあえず仮線路の状態で良いので、早く列車を周回できる様にしたいと思います。


接続レールの量産

 先日紹介したモジュール接続のための8cmレールですが、モジュール全体で6カ所の接続ポイント×複線というわけで、計12本必要となります。
 レールをニッパーで大まかに切ってヤスリで長さを微調整するのですが、このヤスリ作業がかなり大変でした。金属用糸鋸があるなら、それで正確に切った方が楽でしょう。(ちなみに私は金属用糸鋸を持っていません・・・)
 数日かけて全12本を完成させました。左下の2本が試作で残りが量産品です。道床のカット位置が変化しています。
接続レール完成


モジュール接続レール

 年末にモジュールレイアウトを据え付ける台が完成したので、モジュールを並べてみたのですが、まだベースすら用意していない部分があったりして、本当に完成するの?という状態を目の当たりにしました。 orz
 とりあえず全ベースを用意し、レールを仮設して運転できる状態にしようと作業を開始したところで、重要な課題を思い出しました。モジュールを接続するレールをつくらなば!!
 当初はバリアブルレールを使用するつもりだったのですが、以前に使ってみた時、ほんの僅かですが、道床が厚くて接続部が盛り上がってしまって、安定性に疑問が出たのと、目立つので、レールを切って自作しかないと考えていました。
 丁度、リンクを開始した「千早鉄道の日々」さんでTOMIXのレールの短縮加工が紹介されていたので、早速技術を盗ませてもらいます(笑)。
 当モジュールの接続部は全て8cmにしているので、S99レールを用意し、まず、ジョイナーを外してから道床部をレザーソーで切って、道床を外します。
接続レール加工1
 道床とレールを19mm切りつめ、元に戻して、瞬着で固定すれば出来上がり。
接続レール加工2
あまり深く考えていなかったので、切りつめたら道床が短かくなって接着面が少なすぎ(><)。次回はもう少し真ん中で切らねば・・・