趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Posts filed under 'JAM2011'

久しぶりに本家の更新



 久しぶりに本家HPのJAMモジュールの製作記に新しい記事を追加しました。年末からかなり忙しい状態が続いていて、模型を楽しむゆとりが無かったのですが、ここに来てようやく元に戻りつつあります。

 そろそろモジュール製作も再開しようかとも思っていますが、放置モジュールを進めるか、心機一転、新しいモジュールを作るか、思案しており、幸い??寒い日が続き、空調なしの自室では加工どころではありませんので、もう少し暖かくなるまでに結論を出したいと思っております。

ろく in JAM2011 on 2月 13 2012 » 0 comments

JAMで見つけた凄いモジュール2

 また、モジュール単体の作り込み・リアルさという意味では「割り箸会・桜の森鉄道クラブ」さんのUCCという方のモジュールが一番凄いと感じました。というより、もう全く次元が違います。正直ここまで作り込めるものなのかと感服しました。Nゲージのモジュールもついにここまで来てしまったか・・・(^^;


 展示されていたモジュールは2つで、一つはガード下の街並みをモチーフにしたものです。建物はフルスクラッチなんでしょうか。照明や架線なども抜かりはありません。


ガード下にはボンネットが開いた車が・・・リアル過ぎる。


赤提灯に吸い込まれるお客に自販機、隣の鉄工所では溶接の光の動きがLEDの瞬きで再現されていました。しかも溶接の細い棒まで全く手抜かりなし・・・(><)


車に掛かったブルーシートの質感、カーブミラー、ドブ板、洗濯機、ドラム缶、プロパンガス、植木鉢・・・凄すぎ!


 もう一つは下町の小さな駅周辺がモデルで、今年のTMSの入選モジュールだそうです。


駅舎の向かいには旧車体を使った倉庫が・・・見事な質感です。


駅前の商店・・・HOサイズなら判りますが、Nゲージサイズでこれですよ!


ドブ川の水門や外れたドブ板、土管の後ろの怪しい人影・・・細かい所まで作り込んであります。


 写真では全部紹介しきれなかったのですが、まだまだ唸ってしまう工作が随所にちりばめられていましたが、ハッキリ言ってどれも真似のできるレベルではないです。恐ろしいものを見てしまいました・・・

ろく in JAM2011 on 8月 29 2011 » 0 comments

JAMで見つけた凄いモジュール1

 今回のJAMでのお手伝いは1日限りだったので、あまりのんびりと会場を見て回る事が出来なかったのですが、その中で凄いと思ったモジュールを紹介したいと思います。

 そのモジュールとは「鉄ちゃん倶楽部」さんの水上周辺の風景を再現したモジュールで、私的にはトータルの出来は今回のJAMでNO.1だったのではないかと思います。昨年の水上駅のモジュールの展示も凄いと思ったのですが、今年は更に渓流沿いのモジュールなどが追加になって、さらにパワーアップした内容となっていました。ブログで製作の様子もアップされておられ、実物を見るのを楽しみにしていたのですが、やはり実物は圧巻でした。


前置きはこれぐらいで、モジュールの写真です。
渓流沿いの緩いS字を車体をくねらせながら列車がやってきます。カントが切り替わる瞬間は鳥肌ものでした。


反対側からの様子。フレキシブルレールの緩いカーブがよいですね!しかも継ぎ目の音を出すためにわざわざロングレールに切り目を入れるという懲りようです。


渓流のようす。川の色合いとコンクリート用壁の色合い、岩の感じが絶妙です。


何と渓流には渓流下りをする人達が!細かい作業に脱帽です。


私的にはこの線路脇のコンクリート用壁の質感、色合いに魅せられました。この技法をどうにか真似したいものです。


展示にはもっと他のパートもあったのですが、忙しくてこれだけしか写真を撮れませんでした。それにしても今後はもっとモジュールが増えていくんでしょうか。とても楽しみです!

ろく in JAM2011 on 8月 26 2011 » 0 comments

展示の様子

 JAMや自治会のお祭りが無事に終わり、ようやく一息つく事ができました。とりあえず、私がお手伝いした「ふれあい鉄道」さんの展示内容などを紹介します。

 「ふれあい鉄道」さんの今年の展示の目玉は、「新しい中折れ式踏切」と「パソコンと連動した信号システム」でした。後者の信号システムは駅の待避線のポイントと信号機がPCからの制御で連動して動くという今までにない画期的なシステムだったのですが、私がお手伝いした時は少々不調ぎみで、その後うまく動作したんでしょうか。

 一方、踏切の方は好調で人気も高かったです。列車通過後に反対方向の列車通過があると警報音の速度が2倍になるという京急式の制御も搭載していたのですが、何も言わなくても気付いている方もおられました。みなさんマニアックですね。


 その他のモジュール類は全て展示を盛り上げる脇役(本当は信号機類を設置する予定だったのですが、間に合わなかったというのは内緒です。(笑))だったのですが、結構見応えがあって、想像以上に好評だったと思います。まずは何と3日ほどで作り上げたとは到底思えない、力作?のコーナーモジュール。


 となりのローカル線を走る車両は素性の判らないもらいものだったそうですが、かなり人気がありました。何かレアものだったのでしょうか。


 その続きは水田の水鏡を再現したモジュール。


 実は本物の鏡を使っているという、目から鱗的な工夫でした。


 上の2つのモジュールが繋がったシーンは結構私のお気に入りでした。


 反対側のコーナーの私のモジュールの続きモジュールで、素敵なフラワーパーク。


 Fallerの建物とガラス張りの温室がとてお洒落で開放的な雰囲気を醸し出していました。


 ちょっと見えにくい場所にあったので気付かなかった人もおられたのが残念だった、昨年メインの踏切モジュール。


 初代の踏切も元気に動作しておりました。


 最後に私の桜モジュールもそれなりに頑張ってたかな。



 以上、私達の展示の様子でした。
 
 
 

ろく in JAM2011 on 8月 25 2011 » 2 comments

カーコレ調達

 先週「桜モジュール」の仕上げを行った時、車も配置したかったのですが、今まで「山城鉄道」では80~90年代を対象としてきたので、手持ちの車がちょっと古いモデルばかりで、置けずにいました。その時一応近所のジョーシンを覘きに行きましたが、カーコレは無し・・・使えねーorz
 結局JAM当日に置くことに決めて、日本橋のポポンともけいや松原さんの開封売りを買いに行ってきました。ちょっと(ポポンはかなり?)割高ですが、欲しいモデルだけが手に入るのでありがたいです。


ろく in JAM2011 on 8月 13 2011 » 0 comments

ほぼ完成!そしてタイムアップ

 桜の植樹が終わってから何か物足りないと感じたので、急遽夜桜用の電灯を用意してみました。今回は点灯加工はしない予定なので、プラ棒の簡単細工ですが、良いアクセントになりました。


 残る大物は細かいウェザリングと人形の追加です。今まで「山城鉄道」では人形は置かないようにしていました。理由は動いている列車と止まっている人形に違和感を感じたからです。ところが去年のJAMでMATさんのモジュールの人形や車が、まるで今にも動き出しそうな錯覚にとらわれてから、次は人形を置いてみようと目論んでいました。設置には苦労しましたが、やはり情景に動きが出て良かったと思います。

 これでほぼ(95%程度?)完成というところでタイムリミットです。もう少しいじりたい所もあったのですが、今晩深夜に車で出て、東京のメンバーの所に持っていきます。最後にちょっと大きめの画像でモジュールの様子を紹介します。

 








 あー、何とか間に合った・・・orz

ろく in JAM2011 on 8月 04 2011 » 0 comments

仕上げ作業2

 建物や小物ストラクチャーの設置が完了したので、いよいよ参道に屋台を設置します。今回建コレの屋台を使用するつもりでしたが、余りにひどい出来とブログに書いた所、「千早鉄道」さんから”さんけい”から良いのが出てますと教えていただいたので、早速購入して組み立ててみました。

 建コレとは雲泥の差です(その代わり組み立てるのは骨がおれます)。写真は1セット6屋台分で、2種類販売されているので、2種12屋台分を参道に設置しました。ちなみに建コレの屋台には人形がセットされていてこれの出来はかなり良いので、建コレ4セット12体分をありがたく使わせていただきました。


 屋台の設置が終わるといよいよメインの桜を参道の両側に植樹していきます。今回は桜の木を13本用意しました。


 桜の設置が終わった直線モジュールです。参道の両側に4本ずつ設置しました。


 コーナーモジュールの様子です。様子を見ながら3本設置しました。なお、本殿右横の桜は用意した中で最大(といってもちょっと大きいだけですが・・・)の桜でこの神社の名物のつもりです。結局全部で11本使用しました。いよいよ完成間近です!!

ろく in JAM2011 on 8月 04 2011 » 0 comments

コーナー部仕上げ作業2

 神社の建物類が設置できたので、小物類を追加していきます。

 まずは第四種踏切の柵と忘れてならない「とまれみよ」の警告板です。例によって柵が2つしか付いてなかったので、第1種用の柵をカット加工して踏み板の両側に設置しました。黄色がちょっとプアなんですが、時間が無いのでつや消しで艶を落としただけで使用しました。


 神社側には線路方向に入れないように鉄路柵も追加しています。また、階段の上には神社の小鳥居を設置しました。


 本邦初公開ですが、実は池が単調にならないように真ん中には島があって、お稲荷様が祀られています。第四種踏切は祭事の時にこの島に船で渡るために使う踏切だったという訳です。ちなみに宗教に詳しくないので、このような配置が神事的にOKなのかは知りません(^^;


 お稲荷様から見ると第四種踏切、階段、鳥居、本殿とは完全に一直線上に配置されている事が解ります。(くどいようですが、このような配置が宗教的に許されるかはわかりません・・・)

ろく in JAM2011 on 8月 04 2011 » 0 comments

コーナー部の仕上げ作業1

 コーナー部の池ですが、結局もう一回リアリスティックウォーターを流し込んでみました。結果、直線モジュール側で若干ベニアの凹凸が残りましたが、逆側は良い感じになりました。(ベニアの反りで直線側が少し高いのでこうなったという次第です。)


 池ができたので、直線モジュールと同様にガードレールの追加と線路のウェザリングを行いました。俄然リアルになりますね。今後線路のウェザリングはデフォにしたいです♪


ここから神社の建物類を木工ボンドで接着していきます。まずは本殿。


社務所


神楽殿


燈籠と手水舎


これでようやく神社の境内に建物が建ちました。加工ができる時間は木曜日までなので、本当にギリギリです(><)
 

ろく in JAM2011 on 8月 03 2011 » 0 comments

直線部の仕上げ作業1

 池の乾燥を待つ間に、直線モジュールの仕上げ作業にかかります。

 まずは神社と反対側の道路にガードレールを設置します。この先のモジュールは切り通しの崖になっているので、道路をカーブさせていたのですが、道路のカーブであることを強調(道の半分だけなのでそもそも道路に見えないという不安も・・・)するために設置しました。


 次に神社の入り口付近のアクセサリーとして、神社セット付属の鳥居、狛犬、掲示板を設置しました。本当は狛犬は本殿の前かもしれないのですが、ここの方が引き締まる感じがしたので、ここにしました。後、土台部分は高すぎると感じたので思い切ってカットしました。


 今回は初めてバラストにウエザリングを施しました。方法はタミヤアクリルのレッドブラウンを4倍程度に薄めたものをエアブラシで様子を見ながら吹き、同じように薄めた茶色(陸上自衛隊)(本当はフラットアースが良かったのですが、手持ちの近似色という事で使用)を軽く吹き足しました。あと、この作業の時に、アスファルト部分を中心にモジュール全体につや消しクリアーを吹いて、色調を落ち着かせています。


 碍子に白を色差ししたKATOのラーメン架線柱を設置すると現状はこんな感じになります。次は屋台の製作かなー。

ろく in JAM2011 on 8月 02 2011 » 0 comments

        Older Articles