趣味の総合サイト ホビダス
 
jump to content immediately

Posts filed under 'JAM2011'

池の加工

 細かい仕上げ作業に入る前に、池の加工を行います。今回の池はベニア板にリアリスティックウォーターを塗って水面を表現する予定ですが、果たしてどういう結果になるのかやってみないと解りません。

 とりあえず、ベニア板一面をタミヤアクリルのフィールドグレイ(XF65)で塗装します。


 次にリアリスティックウォーターを流し込んだ際に漏れ出ないようにマスキングテープをベニア板の周辺に貼り付けます。


 ここにリアリスティックウォーターを流し込むのですが、私は紙コップに移したものを太筆で塗りつけるようにしてみました(これでは泡が沢山でてしまうので、ボトルから直接棒を伝わせて注いだ方が良かったかもしれません。)。かなり縮退するそうなので、約2mm程度の深さになるぐらい注入しました。発生した泡は針でつついてもなかなか割れないので、調色スティックのスプーンですくって除去しました。


 ここで大誤算が・・・。リアリスティックウォーターが岸のターフを毛細管現象で登ってしまいました。その他、かなり染み込み易いようで、マスキングの甘い所から少しずつ染み出してきます。仕方がないので、染み出している所には速乾タイプの木工ボンドを塗って対処しました。


 24時間後の様子です。ベニア板の凹凸が解る程度まで見事に縮退してしまいました。まさかここまでとは(><)。水面の揺らぎのようにも見えなくはないですが、もう一回追加で注ぐ必要がありそうです。

ろく in JAM2011 on 8月 01 2011 » 0 comments

鉄路柵などの追加

 締め切りが近づいてきたので、どんどん細かいアクセサリー類の追加を行っていきます。
 まずは線路周りの柵という事で、神社前の道路に面したところに、GMのコンクリート鉄路柵を設置します。


 次に神社と反対側にはGMの木枕木鉄路柵を設置します。ちなみに接着は全て木工ボンド(速乾タイプ)のみで行います。心許ないと思うかもしれませんが、乾燥すると結構がっちりと固定されます。あと、シーナリープラスターやターフの凹凸で若干浮いてしまう柱がありますが、あまり気にしなくても目立ちません。あまりに浮きが目立つところは後からターフを追加で撒いて隙間を埋めてしまいます。


 コーナーモジュールの方はこんな感じで、池があるので途中で終わらせます。


 前回作業を終えた神社前ですが、白線類が一切ないとちょっとのっぺりした感じになるので、バス停部分だけ枠と文字を追加してみました。これだけで随分と印象が良くなりました。(バスを置いたら結局見えなくなるんで、バスを置くかどうか悩みます・・(^^;)

 

ろく in JAM2011 on 8月 01 2011 » 0 comments

神社前の整備

 後一週間を切り激焦りですが、こういう時に限って他の用事も重なります(><)
 ともかく作業を進めます。まずは神社前の整備で、貼るダケシートの車庫部分の縁にシーナリープラスターを盛りつけます。プラスター周辺のシートが水を吸って少し変色しましたが目立たないレベルでした。


 乾燥後、バフを塗ってターフで緑化し、歩行者用の柵を取り付けるための型紙を道路に貼り付けます。型紙を貼ってから線路際の敷地に勘違いに気付いたので、シーナリープラスターの追加もしています。


 型紙に合わせて柵の足の穴をドリルであけて柵を取付けます。今回は続きのモジュールに合わせて道路サイドの白線類は引きません。センターラインも2車線道路が神社前までなので、省略してしまいます。そのままではあまりに変化に乏しいので、アクセントとして神社前発のバスの停留所を設けました。神社に着くバスは細い路地を入った所にある駐車場の降車場で人を降ろして、Uターンしてから発車停留所に来るという脳内設定です(笑)


 最後に駐車場の生け垣として、ミニネイチャーのカシの枝葉をカットしたものを貼り付けて作業完了です。

 

ろく in JAM2011 on 7月 29 2011 » 0 comments

踏み板加工

 JAMまでまだ少しありますが、運搬の都合であと1週間ちょっとで完成させないといけないので、ピッチを上げます。

 以前から放置させれていた踏切のレール間の踏み板の加工を行いました。例によって情コレの第4種踏切は単線用なので、第1種踏切の踏み板を第4種用に改造します。(もう1個買えば?とつっこみが入りそうですが・・・)写真の上が4種踏切用、下が1種用です。


 1種用を第4種の長さに合わせて切り、端の部分の真ん中を削ってから、第4種と同じよう両サイドのレール部分を内向きに曲げてやります。現物はレール部分がちょっと太すぎたので、心持ち細くして、普段は使われていない踏切なので、レッドブラウンで色差ししました。


 そのまま設置すると若干低くなってしまうので、0.5mmのプラバンで嵩上げして接着しました。少しずつ情景が出来上がってきました (^-^)

ろく in JAM2011 on 7月 27 2011 » 2 comments

地面の緑化

 地面の色が何とかまとまったので、次は草の表現です。いつものようにKATOのコースターフの緑色ブレンドに若干枯草色を混ぜて使うのですが、今回、季節が「春」なので、若干枯草色を多い目に混ぜました。それと、いつもは地面を覆い尽くすように撒きますが、季節を意識して、少なく撒いて地面が見えるようにしました。
 直線モジュールのようすです。いつもより地面が見える量が断然多くなっています。


 コーナーモジュールのようすです。神社側の土の色もうまくマッチしてくれました。


 あと、今まではTOMIXのシーナリーボンドを使っていたのですが、今回からモーリンのSuperFixを使うようにしました。理由はシーナリーボンドだと草の付いていない地面部分がテカテカしてしまうからで、SuperFixは乾燥後につや消しになる謳っていたからです。使用した結果は、かなりマシにはなりましたが、それでもある程度のテカテカ感は出てしまいました。ただ、浸透力がシーナリーボンドよりかなり高いです。今後はこっちを使って行こうと思います。

ろく in JAM2011 on 7月 27 2011 » 0 comments

地面の色修正

 ちょっと違和感を感じた神社の境内の地面の色ですが、色々な写真の地面の色なども見てみたりしたのですが、やはり納得できなかったので、修正しました。

 手持ちの塗料の中で、もう少し彩度が低く赤みの少ない、タミヤアクリルのXF2茶色(陸上自衛隊)を2倍程度に薄めたものを使って上塗りしてみました。まずは直線モジュール。


 続いてコーナーモジュール。


 これで、随分印象(あくまで私個人の印象です)が良くなりました。関東ローム層の土は元々の茶色のような感じでも良いと思うのですが、やはり関西育ちの私には修正後の方が自然に感じます。長年染みついたイメージというのはなかなかやっかいなものです・・・

ろく in JAM2011 on 7月 21 2011 » 2 comments

地面の塗装

 シーナリープラスターを十分乾燥させてから、地面の塗装にかかります。普段は地面の色として、タミヤのアクリル塗料のバフ(XF57)を使用するのですが、神社の境内は落ち葉が堆積して少し湿った感じの茶色にしたかったので、そこだけアクリルガッシュのバーントアンバーを使ってみました。

 まずは直線部の塗装を行いました。線路の手前がバフ、神社の境内がバーントアンバーです。


 続いてコーナー部の塗装です。同じく線路の手前がバフ、境内がバーントアンバー、更に、池の斜面の部分のみ薄くバーントアンバーを上塗りしました。


 地面の凹凸感を出すためにバーントアンバーを薄めて塗った(水で3倍程度)のですが、茶色というより赤土色になってしまいました・・・(^^;カラーパウダーである程度隠れるのでこのまま行くか、上塗りで修正をかけるか、ちょっと考える事にします。

ろく in JAM2011 on 7月 20 2011 » 0 comments

折り返しポイント

 色々と前準備に手こずっていましたが、ようやくシーナリープラスターの塗布を行いました。

 まずは参道のある直線モジュール。一気に塗布すると疲れるので、線路の手前、線路の向こう、参道の向こうと3つのパートに分けて順に塗布しました。


 次は本殿のあるカーブモジュール。今回は基本的に1回塗布で地面を覆うという感じで、塗り重ねやヘラで地形を表現するという事は行いません。


 全体の様子です。ほとんど緑で隠れてしまうので本当はプラスターはいらないのかもしれませんが、何かやったという感じがするので良しとします。これでようやく加工の折り返しポイントぐらいでしょうか・・・

ろく in JAM2011 on 7月 15 2011 » 0 comments

KATOラーメン架線柱をTOMIXレールに

 シーナリープラスター作業の前工程が全部終わったと思ったのですが、実はまだ残っていました(T T

 残っていたのはこれ、架線柱のコンクリート土台部分の設置です。後からでも良いと思っていたのですが、よく考えるとプラスターと接するので、予め設置しておかないと駄目でした。気を取り直して明灰白色(AS-2)で塗装してから木工用ボンドで接着しました。


 余談ですが、KATOのラーメン架線柱をランナー切り出す時の注意を一つ。碍子の近くのランナーを切る際、写真の様な方向でカッターを当てると、勢い余って碍子を破損する事がありますというか、破損しました・・・。まあ、こんなミスをするのは私ぐらいですかf(^-^


 後、TOMIXの複線間隔はKATOのそれより広いのですが、実際に置いてみるとこんな感じです。架線柱のベース部にある2つの○がKATOのレール中心で、先程破損の危険があると言った碍子の位置が若干TOMIXのレール中心とずれてしまいます。ただ、架線を張らないのあれば、気にならないレベルで、柱の幅などはTOMIXレールでも丁度よい感じとなります。


 ちなみにモジュールに架線柱を設置した状態はこんな感じです。カーブでの設置間隔をもっと密にした方が実物的なのですが、第四種踏切が邪魔なのと、神社の景色をスッキリさせたいのでこの間隔に落ち着きました。

ろく in JAM2011 on 7月 13 2011 » 2 comments

プラスター前作業

 早くシーナリープラスターの作業にかかりたいのですが、まだまだ細かい作業が残っています。

 まずは神社入り口の道路部分。紙やすりか迷いましたが表面の細かさを優先して、プラバンにオーシャングレーの塗装にしました。左下 の駐車場部分は「もけいや松原」さんの貼るだけシリーズを使ってみました。


 次は線路を挟んで反対側の道路ですが、これもプラバンにオーシャングレーの塗装です。神社前と同じ色になりますが、後からウエザリングを施すことで色合いを変えるつもりです。


 次は神社の建物ベースの貼り付けです。何て事ない作業ように思ってたのですが、実際には微調整のカットや塗装やらと結構手間がかかりました。


 更に第4種踏切を渡ったところの池の縁に石垣を設置。


 最後に架線柱の土台の設置。今回はKATOのラーメン架線柱を使う事になったので、これの土台を架線柱の部分だけ切り取って貼り付けます。この辺りの使い勝手はTOMIXのよりレイアウト向きです。


 以上、5加工終了。これでやっとプラスター作業に入れますかね(-_-;

ろく in JAM2011 on 7月 12 2011 » 0 comments